2005年05月29日

ライブ

LOVE PSYCHEDELICO「LOVE PSYCHEDELICO IN CONCERT AT BUDOKAN」(5/27)

0527.gif

ほぼ満席。ほとんどMCはなく、約3時間歌、時々ギターソロの内容だった。

はじまってすぐは微妙なタイミングで点いたり消えたりする照明が気になってしょうがなかったが、ほとんどないMCのおかげか、そのうち気にならなくなって楽しめた。
posted by ぴょん at 02:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2005年05月27日

バラの名前

これまで色々と花を撮りましたが,名札があってもそれは撮らないでいました。そのため名前はわからないままでした。先日バラ園に行ったのですが,名札を記録しながら撮ってみたところバラの名前がとてもよくわかる。

当たり前といえばそうなのですが,改めて便利だなと思ってみたり。

mKotone.jpg
琴音

posted by ぴょん at 03:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

24 -TWENTY FOUR-

最近見始めました。かなり面白いです。
現在シーズン2の真ん中あたり。ブームをはずした形なのでスムーズに見られてます。(レンタルです)

24回もあるので,前半はピンチになったとしてもすぐ切り抜けるし,切り抜けたとしてもすぐ別の問題が発生するしで一段落がつきません。
ひたすら続きが見たくなると言えますが,「どうせ解決しても別の問題が発生するんだろうな…」とい思う事にしてて切り上げてます。

posted by ぴょん at 01:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

仮面ライダー響鬼 5/22

十七之巻 「狙われる街」

もっちー心配したり,よろこんだり。
明日夢とあきらが話をしているのを見て誤解してしまいますが,逆にあきらから話しかけてもらい,誤解が解けます。あきらはさすが行動派ですね。

明日夢は二人が親しげなのを見て驚きますが,なんとまあ呑気です。;-)


posted by ぴょん at 01:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 感想

2005年05月22日

絶版状態

MASTERキートンが絶版状態のようです。

NariNari.com
人気マンガ「MASTERキートン」が絶版に至った理由。

記事内でも書かれていますが、勝鹿北星氏がほとんどかかわってなかったという事には自分も吃驚しました。Monsterなど他の作品とは随分違う作品のように思っていたので。編集者の力ってことなのかなあ。

ともかく、残念な話です。
posted by ぴょん at 03:07 | Comment(1) | TrackBack(1) | 日記

2005年05月20日

ライブ

奥田民生「okuda tamio tour "MTR&Y 05"」(5/17)

タイトルはバンドメンバーから取っているようで、ギター、ベース、ドラムス、キーボードの4人構成。シンプルで良い感じです。音の重ね方がわかりやすいというか。


補足、というか書き足し。

開演ちょい前に入ったんですが、会場の後ろの方は前の方より少し高い上、女性客が多いということで、十分パフォーマンスが見られました。前回はでかい人がおおかったので大違い。
はじめは新曲、中盤じっくり、後半大盛り上がりという構成で、ほんとあっという間でした。(セットリストは各所で見られますので割愛)
お約束ですけど、音を重ねていってはじまった「それはなにかとたずねたら」、格好良かったです。「アーリーサマー」、「スカイウォーカー」も渋かった。

「プライマル」からの大盛り上がりはついていくのがやっと。でも楽しかったですね。(^^;
posted by ぴょん at 07:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2005年05月16日

仮面ライダー響鬼 5/15

十六之巻 「轟く鬼」

轟鬼、ここに誕生!ということで公式ページも格好良く変わってます。

 公式ページ:音撃戦士のページ
 変身体から変わってきます。

戸田山さん、最初は失敗しますが徐々に動揺ぶりはなくなり自分の形で魔化魍を倒します。もう心配はなさそうです。いろいろ弱音を吐いてましたが結構強い感じです。
なんといっても決め技が格好良すぎ。「音撃斬・雷電激震!」とギターな武器、烈雷を弾きまくってましたが、なんか迫力がこれまでと違う、、、(^_^; 全然強いじゃん!とつっこみを入れたくなりました。

posted by ぴょん at 01:28 | Comment(1) | TrackBack(3) | 感想

映画

「真夜中の弥次さん喜多さん」(4月)

期待以上に壊れてて面白かった。壊れすぎだろと思ったが原作はこれ以上だったのでやはりすごいのかも。オチ的にもしっかりしていて楽しめた。

荒川良々さんの演じる魂はエンドクレジットでも活躍していて、雑誌のインタビューで書いてあったとおりでした。重ねて面白かったり。

(書くのを忘れてました)
posted by ぴょん at 00:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 観覧

芝居

KERA・MAP#003『砂の上の植物群』楽日(5/14)

筒井道隆さんの芝居が見てみたく初KERAに。常盤貴子さんもでてました。
楽日だったためカーテンコールでKERAさんが小さく挨拶をされました。


シリアス群像コメディ、ということでしたがちょっと合わなかったかも。
笑いどころで笑い、細かいところではにやっとしたり、それぞれは楽しめたんですが劇場から出てから何か消化不良な感じになりました。
こういう時もまああります。
posted by ぴょん at 00:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 観覧

2005年05月11日

ずきゅーん

ひざまずいてのプロポーズに「心を打ち抜かれて」OKしたとのことでしたが、これを聞いたとき即座にmcATを思い浮かべてしまいました。

まあ当人にボンバヘッは流れなかったと思いますが。;-D
posted by ぴょん at 01:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2005年05月09日

仮面ライダー響鬼 5/8

十五之巻「鈍る雷」

引退を考えている鬼を通して新人の鬼の成長,そして師弟関係を丹念に描いた…などと言えそうな回でした(次回も含めて)。

前回登場の斬鬼さん、そしてまだコードネーム(鬼の名前)が付いていなかった戸田山さん(轟鬼と命名されるのは次回以降のよう)が出撃します。二人して鬼に変身し,童子姫魔化魍と戦いますが,斬鬼さんは完治してないのか苦戦,戸田山さんは新人のためか苦戦します。なんとか倒しますが,斬鬼は引退することを決めます。どうやら体力の限界のようです。ものすごくうろたえる戸田山さん,修行を積んできた割に激しく動揺してます。

posted by ぴょん at 02:28 | Comment(0) | TrackBack(2) | 感想

2005年05月06日

雑誌

H』(vol.74 June 2005)
ハチクロOPの制作話が載っています。相変わらず慣れないOPですが、読む事で少し中和できるかも。
タイガー&ドラゴンの特集目当てで買ったら見つけました。
posted by ぴょん at 03:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2005年05月05日

五三焼

弟の家に遊びに行ったところおみやげにカステラをもらった。奥さんの実家からのもの。
よく考えずに受け取ったため2本もある。
#前回は1本にしてもらってた。
甘いものにはしばらく困りそうもない。:-)

 福砂屋のページ
posted by ぴょん at 02:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2005年05月02日

仮面ライダー響鬼 5/1

十四之巻「喰らう童子」

先週大ピンチだった威吹鬼ですが,乱れ童子は彼をやっつけようとして戦ってたのではないらしく,「こいつ違う!」という感じで去ってしまいました。この時あきらも確認しますが無視してます,,,さすが乱れ状態。(-_-;
おやっさんは色々と推理をしてましたが,なんらかの完成体が現れるまで謎は解かれないのでしょうか。文献には書かれていないのかなーと思ったり。


posted by ぴょん at 01:09 | Comment(1) | TrackBack(1) | 感想

2005年05月01日

角館,盛岡

過ぎ去った桜を求めて東北へ。

いつもだと散ってしまう日程なのですが,開花が遅くなったようで満開の桜を見る事ができました。ただ,角館では開花も本格的に始まっておらず,武家屋敷の枝垂れ桜はお預けになりました。少し残念。

ishiwari.jpg
盛岡石割桜−散り始め


といっても,満開と変わらず見事でした。

hinokinai.jpg
角館桧木内川堤−咲き始め


つぼみの濃い色が印象的でした。遠く雪の山とのコントラストがとてもきれいで絵になります。ここは午前から午後にかけてもわかるような感じでどんどん開花していて勢いがありました。

bukeysk.jpg
角館武家屋敷−咲き始め


所によっては開花していました。
posted by ぴょん at 04:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。