2007年09月17日

総理辞職

安部総理辞意のニュースは本当にがっくりきました。
何度も言われていますが、国会が開かれている中に辞めたというところにがっかりしました。国会を何だと思ってるんだと。

辞職の記者会見で国民に対するコメントがなかったこともよく言われていますが、総理就任のときからこの方は国民を見てたのかなあ、と思いました。スローガンからはずしてた訳ですから。

それにしても、なんで参院選のときにやめなかったのでしょうか。選挙特番のとき「総理の続投を長老格が了承した……」などといった報道がありましたが(残念ながらソースを見つけることができません)、今回のこの事態は長老格を含め党全体に責任があると思っています。

どなたが総理になるにせよ、今年中に衆議院の解散をして国民に信を問うべきだと思います。
posted by ぴょん at 01:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。