2005年09月13日

仮面ライダー響鬼 09/11

三十一之巻 「超える父」

新キャラの花輪君、じゃなくて桐矢君のお父さんは鬼ではなく消防士でした。
火車と戦う響鬼と重ね合わせたみたいです。
職に殉じたと思われる父親の姿をヒビキに重ね一方的に「いつか俺のモノになる!」とか宣言しています。

彼、明日夢につきまとうのかと思ったらヒビキのようですね。
悪い方に転がるのでしょうか…、楽しみですね、としたいところですが、前回「父さん…」と締めたにもかかわらずこれが本筋とは全く関係ない話でしたので、どうなるのかって点で興味があります。
俺のモノにするために猛士に入ろうと無駄な努力を繰り返す…というギャグキャラな可能性もあるなあとか思ってみたり。
#まあ男キャラなのでどうでもいい ;-D
しかしなんといっても結構な棒読みで衝撃を受けました。


直接は会わないけど父親と交わった明日夢、また成長したってことでしょうか。桐矢のお節介も少しは役にたったようです。もっちーの反応が楽しみ。

それにしても威吹鬼が弱くなっちゃいましたね、悲しいです。肉弾戦な敵ってことで、ラッパで立ち向かったのですが歯が立ちませんでした。予告によるとなんか新しい武器が出てくるようですがどうなるのでしょうか。
posted by ぴょん at 02:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 感想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。