2005年10月17日

映画

『チャーリーとチョコレート工場』(10/17)

途中で腹が痛くなるほど面白い映画でした。

(公開して日にちがたってますが念のため)バレる感想を。



原作は未読なため、ストーリーの再現度合いをまったく気にすることなく見てました。
公開前の宣伝では2001年宇宙の旅のオマージュが語られてましたが、いろいろなネタが仕込まれてましたね。シザーハンズなところで、気がついてみたり。

それよりもOompa Loompaですよ。ツボに入りまくりで声には出しませんでしたが笑いっぱなしでした。

ナッツ選別室のところでVeruca Saltがダストシュートに落ちた後、Oompa Loompaがぞろぞろ出てきた時にはこれまた
キタキタキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!
だったんですが、歌い始めてからがもう最高でした。

楽曲自体もいろいろなオマージュで構成されてるんですが、このシーンの曲の爽やかさと歌詞の下品さがもう面白くて面白くて。(歌に詳しければ何年代の○○と言えるんですが…)
既にOompa Loompa自体にはまっているのにこの歌が被さってきて本当に面白かったです。

 歌詞はこちらで読めます。
 itunesがインストールされていれば、曲もこちらで試聴できます。

あと、Oompa LoompaがカウンセラーになっててWilly Wonkaの告白を聞いてるところも傑作でしたね。
posted by ぴょん at 01:45 | Comment(1) | TrackBack(0) | 観覧
この記事へのコメント
あー、これ見たいと思ってるんだよねえ。なので、見に行ってから読みマス
Posted by じゅん at 2005年10月19日 23:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。